開業される方へ

こんなことをお考えではありませんか?

「美容院を開業したい!」と思っても、開業経験のない人は、なにから手を付ければいいのか、またどのように進めていけばいいのか知識もありません。
「どうしたらいいの?」と悩んでしまったときは、ぜひ当事務所の「開業支援パック」をご検討ください。
豊富なノウハウから、スムーズで開業をサポートします。

  • 開業したいけどどうしていいのかわからない
  • 開業資金をどう準備していいかわからない
  • 融資を受けたいけれど、事業計画書の書き方がわからない
  • 開業の手続き方法がわからない

そんなご質問やお悩みに、当事務所がすべてお答えします!

開業までの大きな流れ

美容院の新規開業までの大きな流れです。
当事務所は、不動産業者や設計施工会社、設備機器会社、商材の仕入れ先、そして融資の申込先など、美容院開業に必要なあらゆる分野の業者とのパイプがあります。
どんな課題にも臨機応変に対応できますので、安心して開業の準備に取り掛かれます。

1物件探し

テナント物件に強い不動産業者を探します。

2店舗デザイン・施工

内装業者に店舗デザインを依頼します。

3設備を整える

美容機器のメーカーやディーラーに依頼して、必要な設備を整えます。

4開業資金の確保・融資

1~3の見積りから開業資金を算出し、資金が不足している場合は公的機関や銀行に融資を申し込みます。

5物件契約・工事

開業資が確保でき次第、物件契約や工事などに入ります。 同時進行で、仕入先やメニューの決定、スタッフの募集などを行います。

6工事引き渡し・保健所届け出

工事が完成したら引き渡しを行い、必要書類を作成して保健所に届け出ます。 近隣などへの挨拶回り、チラシなどの広告販促を行います。

7オープン

いよいよ美容室のオープンです。 通常はオープン前にお披露目の「プレオープン」を行い、そこで得られ感触などをフィードバックし、オープンに生かします。

創業融資制度について

美容院を新規開業する場合、日本政策金融公庫の融資制度を利用して融資を受ける方法が一般的です。
融資の申請には、どのように美容院を運営し、どれくらいの売上が見込めるかを具体的に示した「事業計画書」の作成が必要です。しかし税務的な知識のない人に、金融機関を説得できるクオリティーの事業計画書を作成することは困難です。
当事務所では、今まで手掛けてきた開業サポートによる豊富なノウハウから、プロの目から見る「リアルで確実な数字」を提示する事業計画書を作成可能です。

「開業後、帳簿はどうしたらいいんだろう」「広告にお金をかけすぎてるんだろうか?」
ご相談にためらっていませんか?相談される内容に気にされないで結構です。
それよりも、より成功を目指すための、問題の解決と、今後の展望をはっきりさせましょう。
依頼するかどうかは別として、まずはあなたの状況を確認するために無料相談を利用してみませんか?

  • 税理士法人ヒューマン
  • TEL:052-588-2592
  • メールでのお問い合わせ
  • 税理士法人ヒューマン
  • メールでのお問い合わせ
  • top_inq02_sp.png
TEL:052-588-2592 お問い合わせはこちら
税理士法人ヒューマンの強み お客様の事例
サロン開業経営ブログ
相続相談はこちら 飲食店融資開業の相談窓口はこちら

新着情報

一覧へ >
2017/04/17NEW
事務所移転しました
2016/08/23NEW
HPリニューアルのお知らせ